滋賀SDGs×イノベーションハブ 【しがハブ】

滋賀SDGs×イノベーションハブ 【しがハブ】

社会課題の解決につながるビジネスを創りませんか?
SDGsとは?
社会課題の解決につながるビジネスを創りませんか?SDGsとは?

滋賀SDGs×イノベーションハブ(愛称:しがハブ)について

しがハブについて

2015年9月の国連サミットにて、2030年に向けての持続的な開発目標(SDGs)が採択されて以降、国内外では企業の本業としてSDGsの取組が強化されています。
滋賀県内においても、滋賀県と経済界が協力し、官民連携の組織として創設されたのが、私たちの組織「滋賀SDGs×イノベーションハブ(愛称:しがハブ)」です。
しがハブは、アウトサイド・イン(社会基点)のビジネスアプローチの実践をサポートします。

イベント・ニュース

SDGs × ビジネス

なぜSDGsに取り組むのか疑問に思われる方も多いようですが、
国内では既にSDGsに「取り組むメリット」「取り組まないリスク」を考慮し、
本業としてSDGsに取り組み、競争する時代へと移りつつあります。

SDGsに興味をもつ・知る

持続可能な開発目標(SDGs)とは何かを理解し、企業としてあるいは社員ひとり一人が、何ができるのか何に取り組めば良いのかを考え行動しましょう。

事業の分析と検討・SDGs宣言

  • step1事業の分析と検討
  • step2事業方針を見直し計画策定
  • step3SDGs宣言
33

SDGsを理解したうえで、SDGsに取り組むためのスタートとして、自社のSDGsに取り組む方針を宣言することをお奨めしています。
事業の分析 → 課題把握 → 目標設定 → SDGs宣言 というような流れで進めるのも一つの方法です。
滋賀県内では、既に多くの企業・団体等がSDGs宣言しホームページ等で公表されています。

本業としてSDGsに取り組み実践する

  • step1既存ビジネスの見直し
  • step2新規ビジネスの立ち上げ
  • step3縮小すべきビジネスの選択

自社の事業を洗い出して分析し、各事業が将来においても環境や社会に対して役立っているか等の観点からの見直しを行いましょう。有益なものは更に拡大を図り、そうでないものは方向転換を検討し、本業としての新規ビジネスをしがハブと共に創っていきませんか。
SDGsをビジネスチャンスとして捉え、将来の社会的課題からビジネスを創っていきましょう。

© 2018 滋賀SDGs×イノベーションハブ
TOPへ