ベラジョンカジノにイカサマはある?回収モード疑惑の事例

本記事では、ベラジョンカジノのイカサマの噂・回収モード疑惑の事例について、解説しています。

結論をお伝えすると「イカサマ・回収モード疑惑の可能性は、無し」です。イカサマは無いと言える理由、イカサマ対策するとしたらどうすればいいかも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ベラジョンカジノのイカサマ・回収モード疑惑の事例

ベラジョンカジノのイカサマ・回収モード疑惑の事例は、以下の通りです。

  • コツコツ勝ち続けていたのに、メンテナンスが入った途端負け出した
  • ある条件を満たすと、途端に勝てなくなってしまう
  • ベラジョンカジノだけは何をやっても勝てない
  • 確率が異常に偏って負けてしまった

それぞれ、詳しく紹介します。

コツコツ勝ち続けていたのに、メンテナンスが入った途端負け出した

バカラで勝ちまくってた時、急に点検かなんか入ってそこからどの手法も通用しなくなって負けまくった。

引用元:オンラインカジノの不正操作に気づかないアホたちへ

「バカラで、それまで順調に勝ち続けていたのに、メンテナンスが入ってから勝てなくなってしまった」という現象です。

「メンテナンス中にイカサマ行為を仕組んだのでは?」と、つい疑ってしまいます。バカラは、プレイヤーとディーラーが勝負するスタイルのゲームではないため、カードを仕込んだイカサマは通用しませんが、ゲームの流れが変わったことは間違いありません。

ある条件を満たすと、途端に勝てなくなってしまう

カジノゲームプロバイダー「Evolution Gaming」のポーカーで追加ベットをすると勝てなくなる、という口コミです。仕組みは分からないものの、イカサマを疑っている様子が窺えます。

「プレイヤーが強気に高額ベットすると、途端に負けだす」といった経験は、オンラインカジノプレイヤーなら一度は味わったことがあるはずです。

ベラジョンカジノだけは何をやっても勝てない

https://twitter.com/BERSERK_777/status/1270225954602803200

イカサマを疑った投稿ではありませんが、「なぜかベラジョンカジノでは勝てない」という現象です。他のカジノでも扱っているプロバイダーのゲームをプレイしているのに、ベラジョンカジノでは負けてしまうようです。

ご本人も触れているように相性が悪いだけなのか、はたまた仕組まれたことなのか。極端に収支が偏ると、相性以外の理由も浮かんできてしまいます。

確率が異常に偏って負けてしまった

https://twitter.com/IjiaVKC8Vhh4XV5/status/1401766279090868227

ベラジョンカジノで200ドル、もしくは200万円負けた方の投稿です。ルーレットで3ダズン2カラムという超広範囲な賭け方をしたにも関わらず、「0」が3連続出てしまい、負けてしまったようです。

投稿主のプレイしたルーレットがヨーロピアンだった場合、0が3連続で出る確率は、1/37×1/37×1/37で、1/50,653。にわかには信じられない確率の結果に、ベラジョンカジノの「賭け金回収モード」を感じずにはいられません。

ベラジョンカジノにイカサマはないと言える理由

様々なイカサマの噂・回収モード疑惑の事例が挙げられますが、実際ベラジョンカジノがイカサマをしている可能性は、ありません。

そう断言できる理由は、以下の通りです。

  1. ベラジョンカジノとゲームプロバイダは別の会社である
  2. ベラジョンカジノもゲームプロバイダーも第三者の監査を受けている
  3. カジノゲームには乱数発生装置(RNG)が組み込まれている
  4. ベラジョンカジノは政府発行のキュラソーライセンスを取得している
  5. そもそもベラジョンカジノ側が儲かる仕組みになっている
  6. 仮にイカサマをした場合、ベラジョンカジノ側の代償が大きすぎる

それぞれ、詳しく解説します。

理由①ベラジョンカジノは政府発行のキュラソーライセンスを取得している

ベラジョンカジノは、オランダ領キュラソー島にて、政府発行の「キュラソーライセンス」を取得しています。オンラインカジノ運営に不可欠なキュラソーライセンスを取得するには、厳しい審査に合格する必要があります。

審査は第三者の機関によっても監視され、「イカサマ行為」も厳密にチェックされます。もし審査に不合格となってしまった場合は、キュラソーライセンスは剥奪。オンラインカジノの運営が一切できなくなります。

ベラジョンカジノはキュラソーライセンスの取得に合格し続けているため、一定の信頼と評価があると言えます。

理由②ベラジョンカジノとゲームプロバイダは別の会社である

ベラジョンカジノ内でプレイできるゲームは、すべて「ゲームプロバイダー」が提供しています。ベラジョンカジノはあくまでも「場所」のみを提供しているだけで、「ゲーム」内容を操作しているわけではありません。

つまり、ゲームプロバイダーがゲームの進行・抽選を行なっており、ベラジョンカジノが抽選内容に関与することはできないのです。

ベラジョンカジノ側が「このプレイヤーを負けさせよう」と思ったとしても、意図的に抽選内容やプレイ結果をいじることは不可能、というわけです。

理由③ベラジョンカジノもゲームプロバイダーも第三者の監査を受けている

「ベラジョンカジノとゲームプロバイダーが結託して、イカサマをしているのでは?」「ゲームプロバイダーがイカサマをしているのでは?」と思う人も、いるかもしれません。

しかし、ゲームプロバイダーも第三者機関による監査を受ける必要があり、合格しなければゲームを提供することはできません。つまり、イカサマを組み込むこともできないわけです。

ライセンス取得後の運営も監視されるため、「一度合格すればOK」ということもありません。公平で健全な運営が行われているかどうか、定期的にチェックが行われています。

理由④カジノゲームには乱数発生装置(RNG)が組み込まれている

オンラインカジノのゲームには、不正を防ぐ乱数発声装置(RNG)が搭載されていることも、ベラジョンカジノにイカサマが無いと言える理由のひとつです。

乱数発生装置とは、スロットなどのプログラミングされたカジノゲームにおいて、規則性のない数字がランダムに選ばれる機械のことを指します。この装置があるからこそ、毎回ランダムに当たり・はずれの抽選が行われるようになっています。

乱数発生装置は第三者期間の監査も受けており、「カジノ側が勝ちすぎるプログラミング」などのイカサマ行為も、ここで排除。オンラインカジノ側で乱数発生装置をいじることはできないため、公平で不正の無いゲームが約束されています。

理由⑤そもそもベラジョンカジノ側が儲かる仕組みになっている

オンラインカジノを始めとするギャンブルは、すべて胴元が儲かる仕組みになっています。

残念ながら、あるプレイヤーが大勝利をしていたとしても、トータルで見れば胴元側に利益が残ります。パチンコで言えばホール側に最終的に利益が残り、競馬で言えば競馬場側に利益が残る。それが、ギャンブルの仕組みです。

つまり、ベラジョンカジノ側がイカサマをしなくとも、利益が残るようになっているのです。わざわざ悪評が広がるリスクを払ってまでイカサマをする理由は、考えにくいと言えるでしょう。

理由⑥仮にイカサマをした場合、ベラジョンカジノ側の代償が大きすぎる

ベラジョンカジノがイカサマをしていることが発覚した場合、その情報はたちまちにネット上に広まります。イカサマをしたことがあるカジノでプレイしたいと思う人は、いないでしょう。

これまでコツコツと積み上げてきた信頼・実績・評価は、失ってしまうことになります。すべてを失うリスクを背負ってまでイカサマをするのは、代償があまりに大きすぎると言えます。

ネット上の口コミは、永遠に残る

以前には、「ベラジョンカジノが2,000万円の出金拒否をした」という事件がありましたが、業界全体に行き渡るほど、あっという間に広がりました。

最終的に2,000万円は出金されたそうですが、この事件から「ベラジョンカジノは出金拒否をする」というイメージを持っている人は少なくありません。

どのオンラインカジノも悪い噂が一気に広まることは、なるべく避けたいことでしょう。ネット上の口コミは、未来永劫消えることはありません。

ベラジョンカジノのイカサマ対策をする方法

ベラジョンカジノにイカサマ・回収モードが無い理由について解説してきましたが、「それでもイカサマされている気がする」と感じる人向けに、ネット上のイカサマ対策・イカサマ攻略法をいくつかピックアップしてみました。

信じるかどうかはあなた次第。あくまでも参考程度に、検証してみてください。

  • ゲームの流れを読み「今イカサマされているな」と感じた時は賭けない
  • 疲れている時・飲酒時・イライラしている時はプレイしない
  • 複数のプレイヤーが参加するゲームに参加する
  • ディーラーが入れ替わったタイミングで参加する
  • 「負ける時は負ける」「負けは負け」と、素直に認める
  • イカサマされていると感じるなら、そのゲームをプレイしない

それぞれ、詳しく解説します。

ゲームの流れを読み「今イカサマされているな」と感じた時は賭けない

いつもイカサマされるわけじゃない。イカサマされてる時は賭けないで、イカサマされてない時に賭けるしかない。感触が悪い時の見切りを早くしようぜ

引用元:「オンカジのイカサマ攻略法を教えてくれないか」

「今、イカサマされているかも…」と感じてしまったときは、もうそのゲームで賭けない、という方法です。「これをされたらイカサマだ」という事例が無いので、状況判断は難しそうです。

負けが込んでしまった時には、どうしてもイカサマを疑ってしまうというもの。少し時間を置いてからプレイを再開することで、冷静にプレイできるようになっているかもしれません。

疲れている時・飲酒時・イライラしている時はプレイしない

★酒飲んでプレイしない
★長時間プレイしない
★目標に達したら止める
★イライラしている時はやらない
★連敗が増えてきたらルック
★マーチンとパーレーはやらない

引用元:「オンカジのイカサマ攻略法を教えてくれないか」

イカサマを疑っている人向けに、カジノをプレイする上での心構えを提示されている方のコメントです。箇条書きされている項目をまとめると、「イカサマされていると感じた時は、自分をコントロールしよう」という感じです。

勝負ごとなので、集中して臨める環境に身を置いてプレイしたいものです。

複数のプレイヤーが参加するゲームに参加する

「自分ひとりだけ、イカサマで負けさせられている」と感じてしまった人向けの対処方法です。

こういった場合は、スロットなど個人でプレイするものではなく、複数プレイヤーが同時に賭けるタイプのポーカーやバカラなどでプレイするといいかもしれません。

複数のプレイヤーが同時に参加しているゲームでは、「複数プレイヤーがベットした後に、ベットされていない方に勝たせる」ということが、理屈上できないからです。それに、たくさんの参加者がイカサマを監視する状況を、自然と作りだすことができます。

ディーラーが入れ替わったタイミングで参加する

ライブカジノで「なんか、このディーラーの時だけ負ける気がする」と感じた時の対処方法です。

理論的には効果はありませんが、不思議とディーラーとの相性は存在します。「ディーラーなんて関係ない」と自分に言い聞かせている時点で、気が散っているかもしれません。気分転換のためにもディーラーを変えてみると良いでしょう。

「負ける時は負ける」「負けは負け」と、素直に認める

勝つ奴より負ける奴のほうが多くないとカジノは商売にならないのに、何で自分は勝つほうに入れると思うんだろう?
イカサマなんてあろうがなかろうがお前は負けるんだよ
お前は負けて俺は勝つようになってるの、分かる?

カジノ、パチンコ、競馬、競艇など、どのギャンブルでも必ず胴元が儲かる仕組みになっています。胴元が儲かるためには、勝つプレイヤーよりも、負けるプレイヤー・金額が多くなくては成り立ちません。

イカサマや回収モードを疑ってしまった時は、「負ける時は、負ける」と素直に割り切る精神が必要です。

イカサマされていると感じるなら、そのゲームをプレイしない

526: 2019/03/23(土) 04:45:39.51 ID:kHmGfxxQ
どうしたらいいって?
やらなきゃいいんだよ
イカサマがあると思ってるのに何故やるのか理解に苦しむ

イカサマや回収モード疑惑を感じてしまったら、「やらなければいい」という考え方です。

極論のようにも思えますが、「イカサマがあると思っているのに、プレイする」という行為は、確かに矛盾しているように感じます。イカサマをされてしまっては、どれだけ腕が良くても勝ち目はありません。

勝ち目のない勝負を続けても負けが込むばかりなので、一度プレイをストップしてみることを視野に入れましょう。

ギャンブルに関する「イカサマ論争」は、昔から続いている

ベラジョンカジノには、イカサマ・回収モードは存在しない理由について解説してきました。しかし、ギャンブルの特性上、今後も「イカサマ疑惑・回収モード疑惑」の話が世間から消えることは無いでしょう。

なぜなら、競馬・麻雀・パチンコ・パチスロなど、全てのギャンブルにおいて「イカサマだ」「イカサマじゃない」「遠隔操作している」「していない」といった論争は、数百年前から尽きないものだからです。ギャンブルがある限り、「イカサマ論争」は無くなりません。

もし、イカサマや回収モードを疑うようなことが起きたら、一旦プレイを止めて冷静になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です